コミックマーケット

さとりこです

以前動画でもお話しましたが、コミックマーケット、通称コミケに行ってみたいと思っています

一人で

 

行ってみたいと思った理由は、

もちろん漫画好きなのもありますから、気になる漫画の別の世界を表現している方の作品や、その先生、作者の方にお会いして作成の経緯なんかをお聞きしながら、作品を手に取りたいというのもありますが、

実は、これを一番の目的に考えるのは批判もあるかも知れないのですが、
コスプレイヤーさんたちを見てみたいという気持ちが強くあるからです。

もともと、女の子がロリータファッションをしているのとか、ハロウィーン時期にコスプレをしている人を見るのが好きだったのですが、

ネット上のまとめサイトなどに掲載されている、コミケのコスプレイヤーさんたちの完成度と可愛さに、生で見てみたいと強く感じました。

そして、その掲載されている、出回っている写真の質の高さにも驚いています。
どんな撮影現場になっているのか、どんなテクニックを持ったカメラマンの方々が撮っているのかも気になります。

 

で、動画でこの話をしてから考えたのが

コミケに行きたいと発言することや行くことが、勇気のいることだ、恥ずかしいことだ、根暗だ
などとマイナスイメージになっているのはなぜでしょう

こういう風に発言するのはいけないことなんでしょうか

そんな風に言ってイメージ大丈夫?と思う方の心境はどういう感じなのかと疑問に思いました

 

私は、興味のあること、好きなことを、好きだ!と言える、そして行動に移せるのは、とても自然体でかっこいいことだと思います

イメージから、そういうことをしない、言わないになっているのは、

格好つけていて、本当のかっこよさではないと思います

 

かくいう私も、まだ行動には移せていませんが
いつか行ってみようと思っています

もっと表現が自由な世の中になるといいですね
実にコミケはその先駆けになるのではないかという気がしています