“働き方“変わって来ましたか?




みなさま こんにちは
さとりこです

 

昨年話題になりましたが、

外国人労働者の雇用問題について審議されていることを受け、いろいろな問題が明るみに出てきたのと同時に

外国人労働者の本音が暴かれた記事が多く見られるようになりましたね

これまでメディアでは、企業側の意見として

外国人労働者の方は日本人よりも真面目で一生懸命に働いてくれている

外国人従業員を好印象で捉える雇用主側の言葉を報道して来ました

しかしながら、外国人側の意見が明るみになり始めると

いかに外国人の方々が国に残して来た家族のために我慢して一所懸命に働いているのかということがわかってきました

私たちが企業に対する不満となんら変わりない、

あるいはそれ以上のストレスを外国人の方々が抱えているようです

 

そのような実態を前にして

これ以上外国人労働者の雇用を増やしても、勤怠状況の悪化とさらなるブラック企業の増加により
日本社会の印象が悪くなるのは目に見えています

そこまでして国は人を働かせることで経済を回したいのでしょうか

企業側が働く場を改善していくことが、そして国が環境を整えていくことが
最優先ですよね

 

皆様がもし
今の仕事に苦痛を感じているのであれば

外国人であろうと日本人であろうと
自分が

人生をより健やかに
尊厳を持って働けるように

よりストレスの少ない働き方を工夫してくださいね

 

仕事は毎日イライラを募らせて、ストレスが溜まるもの

それが当たり前だなんて思わないでください